あしたできることは・・・

どこかに出かけて写真を撮ってくると更新されます。

函館2泊3日の旅3 江差の町

江差の町の中心に向かって歩いていきます。

f:id:mac23bw:20130907154539j:plain

駅前から坂を下ったり登ったり・・・

f:id:mac23bw:20130907154540j:plain

ちょっとした繁華街や・・・

f:id:mac23bw:20130907154542j:plain

商店街を抜けて・・・

f:id:mac23bw:20130907154541j:plain

坂道の壁にはニシンが踊り・・・

f:id:mac23bw:20130907154545j:plain

電柱もなく、きれいに整備された街並みを抜けて・・・いにしえ街道というのですね。

f:id:mac23bw:20130907154544j:plain

「1x8いこうよ」の祭り企画でみた姥神大神宮を横切って・・・

横山家で「ニシンそば」をいただきました。ちょっと遅い時間なので他にはお客さんもなく、静かで良かったです。

 

食後は、直CUE勝負で”もリーダー”も唄った追分会館に行って見ようと思います。

f:id:mac23bw:20130907154546j:plain

ガラス屋さんにはにゃんこがいて・・・ちょっとアップにしてみましょう。

f:id:mac23bw:20130907154549j:plain

にゃんこの二段ベッドですね。

f:id:mac23bw:20130907154547j:plain

ガラス屋さんの前の坂を下りていくと・・・

f:id:mac23bw:20130907154551j:plain

追分会館、ありました。

時間を確認すると14:25。こりゃ、今すぐ入るしかない!

なんともいいタイミングで館内に入り、畳敷きの客席に座るとすぐに開演。

あらら、お客さんはウチの2人しかいないや・・・。

しっかり第21回江差追分全国大会優勝の佐々木潔志さんの歌を堪能いたしました。

最後には三味線、尺八、太鼓のみなさんも交えて記念写真を撮っていただきました。

 

館内には江差姥神大神宮渡御祭の展示コーナーもあり、500円でいろいろ楽しめました。

f:id:mac23bw:20130907154550j:plain

カモメになれる顔ハメ。岩は折居ばあさんの壺といわれる瓶子岩。折居ばあさんのお話は調べてくださいね。

 

駅からここまでの道のアップダウンを考えると、歩いて戻るよりはバスでスッと戻る方がいいと思うので、前もって確認しておいたバスの時間に合わせて追分会館を出ます。

 

会館の前から江差駅まで140円でした。250円くらいだと予想してたのにあまりの安さにびっくり!

 

江差駅16:16の木古内行きで函館に戻ります。