読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あしたできることは・・・

どこかに出かけて写真を撮ってくると更新されます。

肥薩線と天草バス旅9 イルカウォッチング

本渡バスセンターに着いて、まずは昼ご飯・・・。
あまり時間もないので近くの「サンリブ(ダイエーのような)」で惣菜を買って遊歩道のベンチで食べる。

この日はバス移動とイルカウォッチングがメイン。
イルカウォッチングの予約をメールでした時、「バスで来るの?」と驚かれたくらいに島のバスは住民しか乗らないんだなと思った。

本渡バスセンター → 二江小学校前

本渡からの乗客は5名(ウチが3名)。途中、何名か乗っては降りた。
きれいな県道を走りながら、集落があると旧道の狭い道に入っていく。
もちろん(?)旧道に入ったところで乗ってくる人はいない・・・。
それよりもあの狭い道+張り出した軒先ですれ違うのは運転手も大変だろうな。

二江小学校前でウチが降りるとバスはカラになった。

二江はイルカウォッチングの街。


今回お世話になるイルカマリンワールドの前にはくまモンを連れたイルカがいる。


ちょっと待合室で待たされて、グループごとに呼ばれて船に乗る。
前の方はかなり乗っていたけど、最後に呼ばれたのはウチ3人とおじさん2人組の5人だけで乗船。ゆったり見られてラッキー。


沖に出ると船長さんがあっという間にイルカを発見して、がーーーーっと船を加速させてイルカの群れの横に船をつけてくれます。
イルカは呼吸のために上がってくるので、しばらくするとみんな潜ってしまいます。
そうすると船長が別の群れを見つけて、またがーーーーっと船を加速させます。その繰り返し・・・。

船は他の会社のものあるので、イルカが上がってくると何隻もの船がイルカの群れを目指して集まってきます。
まるでイルカの追い込み漁のような感じ・・・。もちろん取りません。

ここのイルカは群れが3つくらいあって、この場所に住み着いてるそうです。
イルカウォッチングのために餌付けをしてることもありません。天然イルカですね。

予定では1時間の乗船時間でしたが、ちょっとオーバーして港に戻りました。
イルカマリンワールドは夏期間中はアイスをもらえます。暑かったからちょうどヨカッタ。


イルカの街は鯉のぼりならぬイルカのぼり。

二江小学校前 → 本渡バスセンター